神経の圧迫

後縦靱帯骨化症は遺伝が関与します。

後縦靱帯骨化症とは脊椎椎体の後面を走る後縦靭帯が骨化することにより、脊髄の入っている脊柱管の隙間が狭くなることで脊髄や神経根が圧迫されるものをいいます。これらの神経が圧迫されることで感覚障害や運動障害が出現します。骨化する場所によって症状は様々です。原因は明らかにされていませんが、50歳以上の男性で好発し、糖尿病や肥満の患者において発生頻度が高いといわれています。後縦靱帯骨化症で特徴的なことは遺伝が関係するということです。患者の兄弟に同じ疾患が認められる確率は約30%と報告されています。治療は手術や保存療法が主に行われます。骨化した部分が神経を傷つけないよう保護する必要がある為、コルセットを処方される場合があります。

神経を傷つけないよう、日常生活の動作で工夫が必要です。

後縦靱帯骨化症は部位によって症状が異なる為、部位によって治療法が変わります。しかし、どの部位であっても神経にストレスを与えないよう気を付ける必要があります。特に骨化した部位に伸展、回旋のストレスを与えないことが大切です。日常生活においては、起き上がりや腹臥位で作業をする際にこの運動をしてしまう為、正しい動作方法を獲得する必要があります。保蔵療法の場合は、理学療法が処方されることが多くあります。理学療法ではマッサージや物理療法により疼痛を緩和する、筋力訓練により脊椎に負担がかからないよう保護する、動作訓練・動作指導により脊椎にストレスのかからない動作方法を工夫し学習するといったことが行われます。こういった工夫により、後縦靱帯骨化症の増悪を回避し手術をしなくても改善方向へ導かれます。